ペーハー

ペーハーの単位はゼロから14まである 水素水の驚きの効果 > 水素水の選び方と種類 > 水素水を選ぶときはペーハーを確認する

ペーハーとは

pHとは、水溶液の性質をあらわす単位の事です。水溶液の性質を知るために必要な単位で0〜14の数値があり pH7が中性でそれ未満を酸性、pH7を超えるものはアルカリ性になります。 水素イオン濃度が濃いほどpH値は下がり酸性になります。水素イオン濃度が低いほどペーハー値は上がりアルカリ性になります。
また、厚労省が定める飲料水の基準は pH5.8〜8.6で、水素水を選ぶときには、pHがこの範囲に入っているか確認しましょう。

単位:pH値

酸性

科学的には、酸としての性質を示すことで、金属酸化物と反応して塩と水をつくる性質がある。 水溶液中では水素イオン指数pHが7より小さい時をいう。

アルカリ性

物質が水溶液中で塩基性を示す。

水素水の製造方法とペーハー

水を電気分解すると、電極上でOH−が発生し、水質がアルカリ性に傾きます。 そのため、水素水サーバーなど電気分解により水に水素を溶かすタイプでは、ペーハー7.5〜8前後になります。
また、バブリング製法などで水素分子を水に直接溶かした場合、水質に変化はなくペーハーは中性のままです。 アルミパウチ水素水はバブリング製法が使われているので中性の水素水なっています。

メニュー
水素水の驚きの効果 | 水素水の選び方 | 水素水の飲み方 | 水素サプリメント | アルミパウチ水素水

携帯水素水サーバー | 水道管直結型水素水サーバー | 水素風呂 | ダイエット効果
Copyrights 2012